全て炎のせいにする夜

『2020年、夏、それスノ、キャンプファイヤー

f:id:ai_10810810:20211010202634j:plain

 

予告で「一番大切な存在です」と話す宮舘さんを観た時、

私はグループのことかな?と思っていた。

佐久間さんのことだったのだ。

 

ぽつり、ぽつりと絞り出すように話す宮舘さん。

あまり話さない時期があったこと。

それでも佐久間さんはいつも自分を気にかけてくれたこと。

 

「大切」と告げられた佐久間さんは、照れながらも笑顔で応える。

一度話す機会を作ったら同じことを考えていることが分かったこと。

みんなに頼られている“涼太”だけど自分はその重荷を

持ってもいいかなと思うこと。

 

2人の頬が赤くみえたのは炎のせいだけではないよね。

 

 

『アイコンタクト』

向かい合う君が笑顔をくれる時 僕も同じ顔をしてるね

パフォーマンス中、アイコンタクトをしてるのをよくみる2人でもある。

これは『KISSIN' MY LIPS』で

渡辺さんが歌う後ろでペアで踊っている時のもの。

この時はふんわり微笑んでいるのだが、

『Grandeur』での待機のタイミングでは、

ニコ!と笑いあっていたのも印象的。

楽しい!って声が聴こえるようで。