たとえばそれを愛と呼ぶなら

 

 

足先は冷えてませんかサンダルで冬の入口に立つあなたは/渡辺翔

 

「靴下を洗濯するのが面倒だから」とサンダルを年中愛用している渡辺さん。

それに対して宮舘さんは「身体を冷やさないでね」とか「風邪ひかないか心配」とか「靴下を買ってあげますよ」などというコメントを残している。

そんな心配をよそに、相変わらずサンダルを履き続ける渡辺さん。

 

 

 

このおかしあるよとすぐにおしえます ちいさいきみにまたあえるから/ゆり組

 

着想はこちらの動画から。

 

youtu.be

 

19:42~

最終問題「渡辺翔太がメンバーに言われて嬉しかった言葉は?」

宮舘さんの解答。

 

宮舘「このおかしあるよ」

メンバーから色々ツッコまれている中、渡辺さんは顔を真っ赤にしてずーっと笑ってる。

宮舘「ここで終わる宮舘じゃないですって、みなさん」

        「うまれてきてくれてありがとう」

渡辺「…おぉ…」

 

驚きと喜びと恥じらいがゆっくりと入り交じる、渡辺さんの笑顔。

 

“愛”を見た気がした。

 

僕だけの色

 

『Color me live…』

 

Snow Man 2nd Album『 Snow Labo.S2』

「Color me live…」/阿部亮平宮舘涼太佐久間大介

 

 

『your color』

 

真夜中に魔法のピンクを飲み干して僕のなりたい僕になる朝/佐久間大介

 

雨雲も君が笑えば遠ざかり 新緑の海 木漏れ日は波/阿部亮平

 

心臓は鼓動で踊りもう誰も止められやしない駆け巡る赤/宮舘涼太

 

 

これらは以前、メンバーカラーを基に詠んだもの。作った時期はバラバラなのだが、並べてみると今回のユニット曲に通じるものを感じた。

 

改めて、メンカラって不思議だなと思う。

色に人が寄せられるのか。人が色を寄せているのか。

 

 

秘密

 

ドラマ『高良くんと天城くん』

 

(第1~3話はこちら)

ai-10810810.hatenablog.com

 

 

第4話

 

 

第5話

 

第3話までは、織山尚大さん演じる天城くん目線で物語が進んでいたと思う。

第4話では、佐藤新さん演じる高良くんの視点が丁寧に描かれていた。なぜクラス一軍グループの高良くんが、地味めな天城くんを…?という疑問を一気に解いてくれた。

だから今回の短歌は全て、高良くんから天城くんへの思いを詠んだものになった。

 

このドラマは、オール富山ロケだそう。

全体に流れるのんびりした空気はその影響もあるのかもしれない。

特に第5話はデート回で、私も一緒に出掛けている気分になった。

勿論、学校の屋上から見える山並みとか、帰り道の海岸とか、普段の景色も綺麗だなあと思って観ている。

 

 

 

抜け殻のシャツ

 

STORY 10月号

超絶男子図鑑

 

 

「年上の女性とホテルのスイートで一夜をともにした」という設定のグラビア。

きっと、その女性は普段「宮舘くん(さん)」と呼んでいる(注:全て私の妄想)。でも、下の名前で呼びたくなる。彼を特別だと感じるほどに。彼の特別に自分もなりたいから。

 

下の名で呼んだらあなたの特別になれるでしょうか「涼太、」なんてね

 

 

そして写真なのだが、今まで見たことがないような生々しさだった。

眉や髪の一本一本、毛穴まで見えてしまいそうだ。

真っ直ぐな視線はこちらを見据えて離さない。

虹彩とは眼球の色がついている部分であり、その色や模様はその人だけのもの。

 

虹彩の模様が分かるこの距離を独り占めして許されますか

 

 

本誌のページは勿論、ウェブでの撮影裏話も読み応えがあった。抜け殻シャツとはそちらから。

 

抜け殻のシャツに残った君の香を零さぬように肺へ仕舞おう

 

 

「カメラの男性スタッフを含め、全員がどんどん虜に」なるという宮舘さんの魅力が溢れていた。

 

 

好き

 

ドラマ『高良くんと天城くん』

第1話で、天城を演じる織山尚大さんの泣きはらした顔と切ないモノローグに引き込まれた。

高良を演じるのは佐藤新さん。基本的に言葉が足りないという役柄で、私も振り回されている。

 

 

第1話

 

 

第2話

 

 

第3話

 

私は専門的なことは分からないが、白っぽいフィルターがかかったような映像で、儚い印象。

現代のドラマなのに、スマホがほぼ出てこないのも良いなと思った。

所謂BLというジャンルだが、短歌にすると全くわからないのも面白い。

たまたま好きになった人が男性で、自分も男性だというだけ。

好きという気持ちは、異性も同性も関係ないのだから。

 

 

 

夏を奏でる

 

メンバーというよりも、同級生というよりも、まさに「幼馴染み」のゆり組を見た夏だった。

 

2022.7.13

雑誌『ザテレビジョン

ゆり組の夏休み~2人きりで秘密の下町&屋形船デート~

と題された巻頭9ページ。浴衣。野外ロケのグラビア。2人にしか分からない話題で大いに盛り上がる対談。

 

7.21    ラジオ『素のまんま』

ファンも気になっていた宮舘さんの自動車免許の進捗状況や、初耳のゴルフ情報など、盛り沢山な会話。

 

テレビ『ラヴィット!』

8.2  ためスノで遊園地ロケ

8.9  ためスノで川アクティビティロケ

 

 

ためスノのVTR明け、感想を聞かれた宮舘さんが「何より渡辺の笑顔が一番見れたのが嬉しかった」と答えたのもこの夏のハイライト。

 

そして8.23の『ラヴィット!』で宮舘さんは黒髪に戻した姿を披露。

そういえば、金髪の姿を初めて見たのも、6.14の『ラヴィット!』だった。

 

パールゴールドの髪が奏でる、短い夏が終わった。